北条氏

北条氏は鎌倉幕府で代々執権を世襲した一族です。もともとは頼朝の妻北条政子の父で北条時政という人が外戚として幕府内で影響力を持ったのが始まりです。

北条時政

北条時政(1138 – 1215) 伊豆の豪族の出で北条政子の父親

この人はもともと伊豆の豪族だったのですが、頼朝が伊豆に流されていたときに娘の政子が頼朝と結婚したのを機に頼朝に協力して幕府創立の一人となりました。

以仁王の挙兵から始まって壇ノ浦に至る治承・寿永の乱の時期から頼朝と行動を共にしていたというのもありますが、それよりも将軍の外戚としての地位によって幕府内で権力を手にしたといえます。

しかし頼朝の死により2代将軍頼家の外戚である比企能員との対立が深まります。時政は北条氏の権力を維持するために比企氏を滅ぼしてしまいます(比企能員の変)。さらに頼家を排斥して実朝を将軍とするとともに自らは執権の地位につき一層権力を強めます。

しかし最後は実朝の暗殺を企てたとして失脚し、息子の義時が権力の座を継ぎました。

北条義時

時政の子で幕府創設時から父とともに活躍したのですが、頼朝の死後頭角を現し、最終的に父時政を追放して2代目執権として権力を手にします。

義時が執権のときの出来事はいろいろありますが、3代目将軍実朝が殺されて源氏の正統が絶えるという事件がありました。頼朝の系統から将軍を立てることができなくなったので結局頼朝の遠縁で摂関家の藤原頼経を迎えてましたが頼経はこの時まだ2歳に満たない幼児だったので北条政子が鎌倉殿の代理を務めました。その後も将軍は摂関家や皇族から政治能力のない子供が迎えられることとなり、将軍は有名無実の存在となりました。さらにこの数年前には頼朝以来の御家人で侍所別当でもあった和田義盛が滅ぼされ、これ以降執権が権力を握る執権政治が確立することとなりました。

そして義時の時代の事件と言えば何といっても承久の乱です。後鳥羽上皇は増長する鎌倉幕府を抑え込もうと義時追討の院宣を出します。全国の武士に義時を倒すように指示したのです。しかし上皇の目論見ははずれ、東国の御家人は義時方につきました。そして義時もただ迎え撃つのではなく各地の御家人に呼びかけ、先んじて京に攻め上ります。最終的には1カ月程度で幕府側の圧勝となり、後鳥羽上皇は隠岐に、順徳上皇は佐渡に、土御門上皇は自ら望んで土佐にそれぞれ流されて決着しました。これをきっかけとして上皇の所領は没収され幕府の支配は西日本にも及ぶようになりました。また朝廷と幕府の力関係が逆転するなどその後の日本の歴史を決めるような画期となった事件です。

北条泰時

北条泰時(1183 – 1242) 3代目執権。義時の子で時頼の祖父。

鎌倉幕府の3代目執権で御成敗式目を制定したことでよく知られています。

泰時の在位中にはかねてから鎌倉殿として迎えられていた摂関家の藤原頼経が9歳で将軍に就任するということがありました。

そして承久の乱以降幕府の支配が及ぶ地域が増えたことから各地で御家人同士や荘園領主との間に紛争が起きて公平な裁判の基準が必要になっていました。そこで泰時は当時の武家社会の常識(道理)を整理して御成敗式目として制定しました。

北条時頼

北条時頼(1227 – 1263) 5代目執権。泰時の孫、時宗の父

この人は泰時の孫ですが、執権就任当初から幕府内で力を持っていたわけではなかったので前将軍の頼経を京に追い返したり、御家人の三浦泰村を滅ぼしたり(宝治合戦)して地位を固めました。そういう厳しい一面もありながら、一方では裁判の公正化、迅速化のために評定衆の下に引付を設けるなどの一面もありました。

そして時頼は5代目の将軍であった藤原頼嗣を追放して皇族の宗尊親王を将軍としました。これ以降は皇族から将軍が選ばれることになります。

時頼は引退した後も政治に影響力を持ち続けたのでこの時頼の時代から北条氏の家督が政治的実権を持つ得宗専制政治へと変わっていきます。

北条時宗

北条時宗(1251 – 1284) 8代目執権。時頼の子、貞時の父

時宗といえば元寇の時の執権として有名です。この人は日本側の代表的な人物として元寇を語るときには常に引き合いに出されます。戦前日本が欧米列強よりも弱い立場だった時この鎌倉時代の状況になぞらえて北条時宗の外交姿勢を称揚するということが行われました。

北条貞時

北条貞時(1272 – 1311) 9代目執権。時宗の子、孝時の父

北条高時

北条高時(1304 – 1333) 14代目執権。貞時の子、時行の父